小学校教育でも必修になった英語

2011年度から、小学校での外国語(英語)活動が必修になりました。


平成23年度から全国の公立小学校の5、6年生で、外国語活動が必修になりました。
(平成21年度より「移行措置」で実施している学校もあります)。
これは日本の英語教育に非常に大きな意味あいを持ちます。

小学校で外国語の授業があるということは、日本人の「コミュニケーション能力」を育成する壮大な計画の一環で、究極的には「日本の英語教育の方法を根本から変える」という意味あいを持っているということです。

school.gif

今後小学生たちが英語を学び、より、英会話、英語は身近なものになっていきます。
後輩は英語をしゃべれる人ばかり・・そんな時代が来ても遅れをとらないようにしなくてはいけませんね。

毎日少しずつはじめる英会話教室なら、通学、予約が不要の自宅で学べるオンライン英会話教室が、時間もお金も節約できて、最高のチョイスです。
1レッスンが266円、1ヶ月7980円ですから、継続しやすく、英会話も上達します。
きたるべ時代に備えて、まずは、無料で体験してみましょう。



>>>7日間無料体験の申し込みはコチラから<<<<


英語教育の目的が変わる

今までわたしたちが学んできた、「勉強する英語」から「使える・通じる英語」に変わります。 目的を思われることをまとめました。

体験で理解する
勉強して頭で理解するのではなく、実際にいろいろなものや人にふれ、アクティビティを通じて「体験的に」学ぶことが求められています。
いわゆる「勉強」は中学生になってからで、小学生のうちは生の体験を積むために学習します。

積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成
どれだけ単語や文法をおぼえても、発音の練習をしても、自分から積極的に使ってみようという意欲がなければ会話は出来るようになりません。
自分の気持ちや意見をしっかりとほかの人に伝え、ほかの人の考えをきちんと理解しようとする意欲を育てることこそがことばを学ぶうえでは何よりも大切です

慣れ親しませる
「小学校で週に1回くらい英語をやってもたいして知識がつかないのだから中学校から始めても十分だ」といった意見を耳にすることもありますが、あくまで「慣れ親しむ」のであって、小学校段階では音声や表現を正確に「おぼえる」ことは求められていません。

コミュニケーション能力の素地
小学校における外国語活動像は、黒板に向かって着席して静かに話を聞く姿でも、ドリルに取り組んでいる姿でもなく、子どもたちが教室で間違いなどを気にすることなく英語を口にしながら楽しくコミュニケーション活動に取り組んでいる姿です。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0