入門コースは日本語が使えるバイリンガル講師

  • 英文法はわかっているはずなのに、話そうとすると間違える...
  • 書いてあると大体理解できることが、実際の話す場ではとっさに使えない...
  • 頭の中にはあるはずなのに、いざ使おうとすると出てこない...

これらは英語を話したい日本にとって共通の悩みです。
使えて通じる英会話力を伸ばすには

  1. さまざまな「テキスト・タイプ」(語、句、文、パラグラフ)を使いこなすスキルのトレーニング
  2. メッセージを相手に分かりやすく伝えるスキル(文法、発音、流暢さ)のトレーニング

講師は生徒のスピーキングの特徴・弱点を発見し、上達するためのアドバイスを的確に実施します。
NTTLS×アルクのバーチャル英会話教室は7日間の無料体験が出来ます。




入門クラスはバイリンガル講師がいい

入門クラスでは日本人講師または日本語が話せるネイティブ講師が担当します。

英会話教室でよく困るのが、お互いの文化が違うので、まったくその単語や習慣を理解できず、どう表現していいかわからないこと。

初心者にありがちなこういった悩みは、講師がバイリンガルなのでまったく心配ありません。
すぐに日本語で質問できます

講師が日本語がしゃべれず、お互い通じない方が進歩するという方もいますが、入門者には
まったく時間の無駄。さっさと表現を理解して、丸暗記で次に行くほうが効率がよく、早く上達します。

わたしが英会話教室に通ってやめたのはこういった無駄な時間でレッスンが終わること。
入門コースではこういった心配なしに、しっかりと基礎をつけたほうが、ぐんと伸びると思います。

NTTLS×アルクのバーチャル英会話教室は、登録から7日間は無料ですので、今すぐお試しできます。



>>>7日間無料体験の申し込みはコチラから<<<<



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0