英語でスピーチできる人に

日本語でのスピーチもなかなか難しいのに英語で・・speech.gif

これが出来れば本当にすばらしいことだと思います。
最終的な目標は、「英語で大衆の前でスピーチ」にしておけば、進歩も止まらないでしょう。

アメリカの大統領選挙でもスピーチの力はとても重要です。
スピーチには、退屈させないユーモアもふんだんに入っていなければいけません。

日本とアメリカ、欧米では、笑いのつぼが違いますし、関心のつぼも違います。
ですから、大衆に受けるスピーチは難しいといっていいでしょう。

まずは自己紹介を考える

自己紹介で考えてみるの汎用性もあり、1つ覚えておけばずっと使えるので便利です。

  • ネガティブな表現はしない。
  • 相手に何を伝えたいのかはっきりさせる
  • 自分を客観的に見て自己紹介する
  • 何をしてきたか、より何をしたいかを中心に話す。

こういった事を参考に文章化して暗記します

声に出して話してみる

まずは、声に出して話してみましょう。
そして、録音してみましょう
録音は、ICレコーダが手ごろな価格で出ているので、それを買って手元におきましょう

不備が見つかったら直し、英会話の授業で、講師に手直ししてもらうのも言いでしょう。
NTTLS×アルクのバーチャルオンライン英会話教室なら、フリートークルームがあり、授業のある時間は、ネイティブの講師が英会話を教えてくれます。

フリートークルームは自由にいつまでも制限なく入れて、すべて受講料に含まれています
こういった制度を利用して、自己紹介文を他の受講生などに聞いてもらいながら、鋭いものにしていくといいでしょう。
まずは、7日間の無料体験で、フリートークルームを確かめてください。
無料体験の申し込みはコチラからです。



>>>7日間無料体験の申し込みはコチラから<<<<



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0