放射能を測定し子供を守る

皆さん、今回の震災では、いろんな支援をし、また、これからどんな支援が出来るか考えていらっしゃると思います。 目に見えない放射能から子供たちを守らなくてはいけません
放射能を測定する器械をガイガーカウンターと言います
影響を受けやすい子供たちの未来をこの一台で測定できます。
支援の品に加えられないでしょうか?

ガイガーカウンターとは

ガイガーカウンターとは、放射能を測定する機械で、正式には「ガイガー・ミュラー計数管」と呼びます。
ドイツのハンズガイガーとヴァルターミュラーが1930年ごろ発明しました
ガイガーカウンターは、放射線の量や本数を測定することが出来ます。しかし、人体に影響を及ぼす放射能の持つエネルギー量は測定できません。
つまり、どのレベルで被爆したかは調べることしかで出来ないということです。 様々な商品、様々な値段で発売されています。
現在、秋葉原やインターネットで販売されていますが、もともと数多く売れるものではなかったため在庫がなく、品薄状態が続いています。
原発事故の影響は、すぐにおさまるとは考えにくく、今後も自分自身を守る行動は必要です。 放射能測定器【ガイガーカウンター】

支援物資として送れないだろうか?

ガイガーカウンターはかなり高価なものです。友人同士などで協力して、ぜひ支援の輪に加えてください
先日テレビタックルで、大竹さんが現地に行き、放射能をはかるガイガーカウンターを持っていると、皆さんが食い入るように見つめ、 「いいですね、それ」と連発したそうです。
汚染図
今、福島県を中心とした東北地方、関東圏まで、原子力発電所の事故の影響で、放射能で汚染されつつあります。

放射能は、日本が唯一の被爆国であるとご存知のように、必要以上に浴びると、後遺症など、大変な苦痛、苦労を味わいます。

修学旅行で、広島の原爆資料にいかれた方も多いでしょう。

福島原発事故で、アメリカでも大変な売れ行きです。→記事


放射能の汚染が心配される地域

福島県・宮城県・茨城県・山形県・秋田県・青森県・栃木県・群馬県・千葉県・東京都・神奈川県・埼玉県・ 山梨県・長野県・富山県・石川県・新潟県・静岡県・

チェルノブイリの事故での汚染地域を日本と重ねる

★クリックで拡大

チェルノブイリ事故と福島


TOPPAGE  TOP