放射能を測定し子供を守る

皆さん、今回の震災では、いろんな支援をし、また、これからどんな支援が出来るか考えていらっしゃると思います。 目に見えない放射能から子供たちを守らなくてはいけません
放射能を測定する器械をガイガーカウンターと言います
影響を受けやすい子供たちの未来をこの一台で測定できます。
支援の品に加えられないでしょうか?


放射能の防ぎ方 衣類について


放射能は、風に乗り広範囲に広がっていきます。
放射能測定器、ガイガーカウンターで空気中の放射性のチリや地上にどれくらい放射性物質が舞っているかがわかります。

外出した後、これらの放射性物質を室内に持ち込まないようにしなければいけません。

衣類はチリや埃がつきにくいものを


放射性物質が微量でも検出される地域は、地上や、空中に放射能が舞っているわけです。 それらは、靴につき、衣類にもつきます。

花粉症対策と同じように、ゴーグルをつけ、フードつきで、埃の落としやすいポリエチレン製などのコートや、雨の日でも使えるポリ手袋をします。

特に子供は、放射能の影響を受けやすく、成長してから影響が出ることもありますので十分気をつけてあげましょう。

学校の土壌を入れ替えたりしているように、地面には放射性物質が降り注いでいますから、砂場あそび等はさせないようにし、土などがついたらすぐに落としましょう。

毛羽立った洋服は、チリや埃が残りやすく、放射性物質を部屋に持ち込む可能性がが高くなりますのでなるべく控えましょう。

心配な時は。シャワーなどでしっかり流しましょう。



TOPPAGE  TOP